読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

【あなたの何タイプ?】リアル脱出ゲームでわだかまりを減らす方法を考えた

http://www.flickr.com/photos/44532984@N00/755378645

 

こんばんは ぎんです。

 

今回はぎんが思いついたタイプ分類を使ってあなたの「リアル脱出ゲームに対するタイプ」を見つけたいと思います!

 

最終的にこのタイプを判別することで、リアル脱出ゲームでの「わだかまりを減らす方法」を考えてみたいと思います。

 

 

1:わだかまりを探る前に

「リアル脱出ゲーム」に参加されている方は、大きく分けて「2つの分類」に分けることが出来ます。

分類は以下の通り。

  1. 謎を解きたい人(頭を使いたい人)
  2. 非日常感を楽しみたい人(体験したい人)

1と2のバランスは人によって様々ですが、おおよそこの2パターンに分けることが出来ます。

 

f:id:lirlia:20150205233214p:plain

 

頭を使いたい人

http://www.flickr.com/photos/26480501@N06/2961565820

 

「頭を使いたい人」とはどんな人でしょうか。

 

例えばクイズやIQテストのように、頭を使って問題を解いたり、正解を求めることが好きな人がこれに該当します。彼らは、どちらかと言うと謎を解く事に重点を置いています。

 

体験したい人

http://www.flickr.com/photos/38174668@N05/6644053203

 

「体験したい人」とはどんな人でしょうか。

 

例えば、演劇や物語を見たり聞いたりすることが好きで、自分がそこに飛び込んでみたいと考える人がこれに該当します。彼らは、全体のストーリーや置かれた状況を味わうことに重点を置いています。

 

このように、同じ「リアル脱出ゲーム」に参加する人でも求めるものが違うのです。

 

求めるものの違いで起きる問題

「リアル脱出ゲーム」には「脱出成功する」という一つの達成目標があります。これは、両者の共通目標となりますが、その熱心さにはしばしば差が生まれがちです。

 

http://www.flickr.com/photos/24348079@N00/5054820405

 

経験上ですが「体験したい人」より「頭を使いたい人」は脱出する事に固執します。

もちろん脱出成功に対するモチベーションが高くても低くても、個人の自由なのですが、「はじめまして」のチームメンバーだとこの違いが「軋轢の原因」になることも珍しくありません。

 

じゃあどうするか?

http://www.flickr.com/photos/48556423@N00/5439074678

 

さて、ここからが本題です。

まずは自分がどういうタイプなのか知ることが大事です。そして、自分以外にはどういうタイプが存在し、何を大事にしているのかをざっくり把握しましょう。

 

以下の図は、冒頭の2分類加え「謎をたくさん解きたい人」「全体を見てコントロールしたい人」という要素を追加したものです。

 

f:id:lirlia:20150205234655p:plain

  • 兵士-頭を使って、目の前の問題をどんどん解くのが好き
  • 司令官-頭を使って、全体を取りまとめるのが好き
  • 俳優-自分自身がイベントの登場人物となって作業に没頭するのが好き
  • 監督-イベントに参加し体験しつつも、全体をコントロールするのが好き

※この分類は「リアル脱出ゲーム」に参加している方々をざっくり分類するものです。人によっては必ずしも該当しないこともありますし、絶対ではありません。

 

普段は、他の方の参加理由や背景を知ることは難しいため、自分中心で考えがちになると思います。ですので、この分類を見てご自身が該当するエリアを認識した上で、他の3つに属する方の楽しみ方を尊重し「リアル脱出ゲーム」をお楽しみ下さい。

 

ちなみにぎんは「司令官」でしたが、最近は「監督」にシフトしてきていますね。クラスタは「兵士」が多いイメージです。

 

さいごに

実は、人それぞれ参加動機が違うんですね。謎解きたい人もいるだろうし、非日常を感じたい人もいるだろうし、惰性な人もいるだろうし。そういったバックボーンが違う方々を一緒くたにしてチームを組めばわだかまりがあるのは必然です。

 

今回の分類分けで、他の方との違いを認識して解消の一助になれば幸いです。

では。

 
icon from icon8.com