読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

これ本当に大丈夫?レモンデイズ「パロシャビールームからの脱出」に参加!

レポート 公演形式 公演形式-アジト型 団体

f:id:lirlia:20150518224830p:plain

レモンデイズのパロシャビーに挑戦!

 

こんばんは (@tenhouginsama)です。

今日は大阪のレモンデイズ「パロシャビールームからの脱出」のレポートをしたいと思います。

(ネタバレ無しの、感想・評価です)

 

今回ぎんは、脱出成功しました! 

脱出成功失敗

公式アカウント

 

1:ぎんチャート

f:id:lirlia:20150518214302p:plain

平均的な評価ですね。

 

2:あらすじ

あなたたちは、朝までこの部屋で飲んでいた。

しかし、レモンちゃんだけは飲んでいなかったので、気分を害した変なおっちゃんにさらわれてしまった。レモンちゃんを取り戻し、この部屋から脱出せよ!

 

あらすじ紹介は、口頭でしかなかったため雰囲気ですがこんな感じでした。

 

ちなみに今回の公演は「時解」という、大阪の謎解きカフェが先日提供していた「シャビールームからの脱出」のパロディー作品となっています。

 

4:出鼻をくじかれる立地

まず最初に、伝えておきます。

 

レモンデイズに初めて行く際には、時間に余裕をもって行くと良いです。

 

というのも、非常に分かりづらい位置にあるんですよねここ。

 

大阪市西区北堀江1-2-16ツリガネビル8階

 

住所は上記の通りなんですが、実際の建物はマンションです。そして、大通りに面した表側には居酒屋が入っています。すごい分かりづらいですが(たまに隠されていますが)1階には看板もありました。

f:id:lirlia:20150518220142j:plain

居酒屋を通りぬけ、奥に進むとエレベーターがありますので、それに乗って8Fへ。

 

8Fの奥の左奥に進むと、「レモンデイズ」とデカデカと貼られた扉がありますので中に入りましょう。

 

ただし、ゲーム開始の10分前に開場するため、早く着いても中に入ることができません。また、扉はずっと閉じた状態ですので自分で開けなければなりません。

 

ドアをこちらから開けないといけないので、それを知らない方が「やっていないんだ」と思い込んで、帰ってしまうこともあったみたいです。勇気を出して、ドアを開けるところから挑戦ですね。

 

5:まじか…

扉を入ると中はこんな感じでした。

f:id:lirlia:20150518222126j:plain

普通の家だ…。これは。

 

そして、もっと中にはいってみるとこんな感じ。これはゲーム会場の壁です。

f:id:lirlia:20150518222210j:plain

f:id:lirlia:20150518222219j:plain

 

ん、ん? 嫌な予感しかしません。

まさか、チケット代が1,500円で安いのはこのクオリティによるところか…!? というか、レモンデイズってもしかしてこういうところだったのか…???

 

そして、パンフレットにある変なおじさん。

f:id:lirlia:20150518222443j:plain

 

もちろんスタッフとして登場します。

f:id:lirlia:20150518222509j:plain

 

大丈夫か、ここ…

 

シャビールームの意味

どうやら、シャビールーム(shabby room)のシャビーには、貧相・荒廃したという意味があるようで、そのためにダンボールで意図的に雰囲気を出しているとのことでした。(いつもは、こうじゃないようです)

 

6:謎について

謎の量

シャビールームのパロディのため小謎がそこそこありました。(元々のシャビールームが小謎ラッシュ的な部屋なんです)といっても15問程度だったため、量的には普通でしょうか。

 

謎の質について

質についてですが、レモンデイズ特有?なのか、クセのある問題が多く小謎が1問ぐらいしか解けませんでした。しかし、一緒にプレイした関西勢の方はどんどん解いており、すごいなと。慣れていそうな感じでしたね。

 

探索もあるアジト型の公演でしたが、少しでも押したり、いつものノリで探索するとすぐ壊れてしまうため、探索が全力でやれなかったのは心残りです。(途中からスタッフさんがずっと壁を支えていましたし…)


ラス謎では大量のヒントをもらって、脱出成功しました。むずかしい。

 

7:関西のノリ

f:id:lirlia:20150518224207j:plain

さて、今回のイベントですが、ご一緒した関西の方のノリとスタッフいじりで成り立っているイベントだと感じました。そういう意味で、関西の謎解きの楽しみ方は関東と、やはりちがうなと。

 

きっと、関東で同じ公演が行われたら、皆がダンボールを情け容赦なく壊し、淡々と謎を解き進めていく気がします。

 

関東勢は謎の綺麗さや、ギミックを求めることに対し、関西勢がわちゃわちゃと楽しむことに重点をおいているというのは、最近個人的に感じていることです。(特に、脱出イベント開始前の席に付いている時の会話などで感じる)

 

もちろん、どちらが良い悪いではなく、単純に求めるものの違いなのですが。そういった意味で、関東では難しいなと感じます。

 

7:感想

入ってすぐにダンボールで度肝を抜かれましたが、公演通じて関西のノリに浸れて結構楽しい公演でした。一部の小謎や探索について、腑に落ちない点はあるのですがご愛嬌?って感じなんでしょうかね。

むしろ突っ込む方が無粋なのかもしれない。

 

8:さいごに

f:id:lirlia:20150518224029j:plain

レモンデイズは毎月新作公演を発表している団体です。

すでに開始されていますが5月は「謎キャバクラレモンちゃん!!~ぼったくり店からの脱出~」がありますので、気になる方はチェックしてみてください。では。

 

チケットはこちらから