読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

謎夏で一番面白いリアル脱出ゲーム!「僕と勇者の最後の7日間」に行ってきた

公演形式 公演形式-ヒミツキチ型 団体 団体-SCRAP

f:id:lirlia:20150901213420j:plain

僕と勇者の最後の7日間 レポート

 

こんばんは (@tenhouginsama)です。

 

今回は、SCRAPの謎夏「僕と勇者の最後の7日間」のレポートを書いていきます。(ネタバレ無しの、感想・評価です)

 

公式サイトはこちら

 

今回ぎんは、脱出成功しました!

脱出成功失敗

 

1:ぎんチャート&ぎんテンション

チャート

f:id:lirlia:20150901205714p:plain

 

テンション

f:id:lirlia:20150901205804p:plain

新しい試みです。公演前後のぎんのテンションを0~100でグラフ化しました。

 

今回の公演は最初は低いものの、最後には最高潮に達しています!

 

一緒に参加した人の評価(★1~5段階評価)

Aさん:★5

Bさん:★5

 

成功補正のため評価が上がっていますが、とてもおもしろい公演でした。

 

2:あらすじ

「助けて...」

 

消えそうな声に導かれるように、あなたは一冊の本を開いた。するとその瞬間に、本の中に吸い込まれてしまった。


目の前に広がるのは荒廃した世界。人々に笑顔はなく、空も淀んでいる。一人の少女が、あなたに語りかけた。

 

「旅の勇者様、どうか私達を助けてください。この世界はドラゴンによって侵食され頼みの綱だったこの国の勇者達も、存分に闘えない状況です。私達が頼れるのは、あなたしかいない。

 

ドラゴンを倒してくださった暁には、元の世界に戻れることをお約束します。勝手なお願いだとは解っています。でもどうか、この国を...」

 

どうやら、この世界を守れるのは、あなたしかいないようだ。本の世界で出会った仲間達と共に謎を解き、ドラゴンを倒す事が出来るだろうか。

 

冒険がいま、はじまろうとしている。

 

 

3:正直期待をしていなかった

すごく率直にいうと、ほとんど期待をしていませんでした。

 

というのも他の作品の「おもしろそう感」がとても目立っていて、宣伝がまともにされていない僕勇には全く興味がわきませんでした。競合が強すぎる…。

 

例:

  • 人気ゲーム「逆転裁判」とコラボした「倫敦大逆転裁判」
  • インペルダウンの続きで面白そうな「頂上戦争」
  • SCRAPの代表が自ら作った「シャルロッテ」
  • SCRAP初の上海型「Red room」
  • お化け屋敷との異色コラボ「隠れ鬼」 など

 

テンションの移り変わりを見ていただけるとわかるように「前日まで」のテンションがとても低かったですね。

 

4:覆す面白さがあった

個人的にはとても好きな公演でした。謎夏では一番面白い!

 

謎夏とは?→リアル脱出ゲームサマーキャンペーン|SCRAP

 

今年のSCRAPの公演でも1,2位を争う楽しさだったと思います。成功すると一層楽しめます。

 

京都アジト「魔王城からの脱出」やNAZO×NAZO劇団のような雰囲気の公演が好きな方にはとてもおすすめです。公式よりPVがでていますので、雰囲気つかみにチェックしてみてください。

 

PVの冒頭は「僕勇」の作成・声優・スタッフを担当したSCRAP所属のアイドル「ラストクエッション」のライブ映像が入っています。

 

1:10~ぐらいから公演の雰囲気がほんの少しわかると思います。

 

5:いろいろ

会場の狭さについて

今回の公演では、比較的歩き回る必要があるのですがあまり狭さを感じませんでした。(もちろんもっと広い会場でやってくれるともっと嬉しいのですが)

 

きっとプレイヤーの動きや動線などを、全部考えてうまいこと配置しているんだとうなあと思いました。個人的にはほとんどストレスがなかったです。なんでだろう?

 

OP・EDのクオリティについて

謎夏は版権物の作品が多いせいか、最近のSCRAPはハイクオリティな演出が珍しくありません。(20minも版権じゃないのにすごいがんばってる)

 

その一方で、今回の僕勇はそれらに比べるとOP・EDの演出が劣っているなと感じました。ここはもう少し上げて欲しかったです。比較対象が強くなると厳しいですね…。

 

最近謎解きイベントは、公演内(謎解き)だけではなく前後の演出にまで凝ることが珍しくなく、プロジェクションマッピングやアニメなどが10分単位で盛り込まれていますね。

 

6:公演情報

公演名 僕と勇者の最後の7日間
種類 ヒミツキチ型
チーム人数 6人
開催日 2015年8月13日(木)〜2015年11月15日(日)
※金・土・日のみ
開催時間  金  : 17:00 / 19:30
土日祝 : 11:00 / 14:00 / 17:00 / 19:30
所要時間 60分+解説40分
開催場所 道玄坂ヒミツキチラボ
渋谷区道玄坂1-22-12 長島第一ビル2F
参加費 前売一般 2,880円(税込)
前売学生 2,260円(税込)
当日一般 3,390円(税込)
特記事項  

 

公式サイト&チケット購入はこちら

 

7:さいごに

僕勇は宣伝があまりされていないため他の公演と比較して目立ちにくいです。

ただ、謎夏では一番面白いのでぜひこの公演だけでも参加してみてください!

 

では。