読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

大阪時解の「夢幻城とおもちゃのヒミツからの脱出」に参加してきた!

f:id:lirlia:20151018220140j:plain

久しぶりに時解に行ってきた!

 

こんばんは (@tenhouginsama)です。

 

今回は前回に引き続き、大阪遠征でプレイした時解の「夢幻城からの脱出とおもちゃのヒミツからの脱出」のレポートを書いていきたいと思います。(ネタバレなしの感想・評価です)

 

 前回の記事

 

 

1:夢幻城からの脱出

f:id:lirlia:20151018220010j:plain

あらすじ

あなたは、忍隊に入隊を目指す新米忍者

日々忍者の副業である農業に勤しむ貴方達のもとに朗報が届く。 先日の戦により時国の忍者隊の痛手が酷く新しく入隊する者を募集すると言う。

ただし、一筋縄では入隊は出来ない組頭が夢幻城に仕掛けた謎を解き秘伝の書を持ち帰った者のみに権利が与えられる!

あなたは、制限時間以内に謎を解き一流忍者になれるのか?! 

 

ぎんチャート

f:id:lirlia:20151018215143p:plain

 

テンション推移

f:id:lirlia:20151018215154p:plain

 

公演の感想

今回は謎解き初めての方5人と、ぎんで挑戦しました!

 

ほとんど謎解きがはじめてということで、ゲームの流れや探索方法などを伝えつつゆっくり進行していきましたが、なんとか脱出成功することができました。(ラス謎は無理やりメタ解きをした)

 

初心者だけだと脱出はだいぶ難しい(ヒントたくさん必要)で、経験者が一人いればぎりぎり脱出できるかできないかといった難易度でした。そのためクラスタで人数を固めて挑戦するには不向きな公演です。謎解き力に自信があれば、空いた時間をあえて狙って1人〜2人で挑戦するのもよさそうです。

 

公演の内容は忍者になるための試験と称した脱出ゲームで、室内や小物に忍者を想起させる物が多く面白くプレイできました。行動やアイテムが忍者っぽくてワイワイガヤガヤプレイできますね。

 

 

2:おもちゃのヒミツからの脱出

f:id:lirlia:20151018220035j:plain

あらすじ

おもちゃには掟がある。それは、自ら動いているところを人に悟られてはならない。もし、見られてしまったら、、、おもちゃはこの世界から消えてしまう。

ある日、子供達が寝静まった頃おもちゃ達は、夜な夜な話し合います。

「明日はどうやって子供達を楽しませようか?」

おもちゃ達の話し合いは盛り上がり、つい物音をたててしまいました。子供は目を覚まし、おもちゃ達が動いているところを見られてしまいました。

おもちゃ達の運命は???

様々な協力者から情報を経て、夜明けまでに子供の記憶を何とかしよう!

 

ぎんチャート

f:id:lirlia:20151018215442p:plain

 

テンション推移

f:id:lirlia:20151018215449p:plain

 

感想

初代謎解き王のどまさんと、漫画家の愛純ひなたさんの3人で参加しました。

 

結果としては成功したのですが、こちらのイベントの方が夢幻城と比べると難易度が高く、要所要所のステップを閃かないとなかなか脱出成功が難しいです。今回は一緒に参加したお二人がとても閃いてくださったので、時間ギリギリで脱出成功することができました!(気づいたらほとんど問題が終わってた)

※クラスタ3人でギリギリ脱出成功の難易度でした 

 

この部屋のコンセプトは、おもちゃがたくさん置かれた子供の部屋におもちゃになった参加者が課題をクリアするというものでした。物が多いため、必然的に探索も多く、人数が少ないと探索+謎解きでだいぶ難しい公演になっているのではないか思います。(時解としては難しい公演)

 

終盤は時間がないことに加えラストが特徴的で、印象が強い公演になっておりトータルの満足度は夢幻城よりもこちらの方が高いです。

※1つ1つの謎や、設定については夢幻城の方が面白い

 

3:2つ参加したまとめ

時解の公演は、ガツンとパンチがある公演というわけではありませんが、初心者でも安心して楽しめるしっかりとした内容・難易度の公演になっている印象を受けます。

 

ぎんが時解に初めて参加したのは1年半ほど前で、そこから定期的に参加させていただいていますが、あの頃と根幹は変わらないけれどクオリティは段々上がってきているような印象を受けました。

 

公演以外にもカフェ謎や持ち帰り謎の充実化したり、合同イベントへの進出など精力的に活動していらっしゃるので、箱をメインにやっている法人団体としては一番盛況なのかなと感じています。

 

関西は SCRAP、クロネコキューブ、時解とそれぞれの団体が持ち味を生かしていい感じに共存しているような雰囲気がありますので、関西に行かれる際は全部に参加してみてください。

では。

 

次の新作のチケットがもう発売してますね!