読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぞまっぷ

リアル脱出ゲーム・謎解きに関する情報サイトです、初心者から上級者までぜひご覧ください

なぞまっぷ
なぞまっぷ

初心者用
レポート
練習問題
テクニック
考察

本日の人気記事ランキング

ダンガンロンパ

ファミリー向けリアル脱出ゲーム「暗号王国からの脱出」の感想

f:id:lirlia:20160809002300p:plain

 

こんばんは (@tenhouginsama)です。

 

SCRAPの「暗号王国からの脱出」に行ってきましたので、感想を書いていきたいと思います。 今回、ぎんは脱出に成功しました!

 

公式サイト

 

エニグマくんとは

最近プッシュされはじめた、SCRAPの公式キャラクターです。

 

実は以前から存在していたのですが、 今と全く異なる姿形でした。

 

f:id:lirlia:20160526225829j:plain

Twitterアカウントも持っていたエニグマくんは何食わぬ顔で「SCRAPの内部情報を暴露する」という危険極まりないキャラだったため、敬意を評して「エニグマくんさん」と呼ばれていました。(強要していました)

 

内部情報の例:

f:id:lirlia:20160526225109p:plain

f:id:lirlia:20160526225113p:plain

 

そんなエニグマくんさんだったのですが、本格的に公式キャラにしてしまおうという流れなのか、エニグマくんをテーマにした謎解き公演が作られることになりました。それが今回ぎんが参加してきた「暗号王国からの脱出」となっています。

 

それに合わせて、エニグマくんもこんな感じになってしまいました。

f:id:lirlia:20160807232535j:plain

 

比較

f:id:lirlia:20160526225829j:plain f:id:lirlia:20160807233011j:plain

 

あらすじ

ある日、世界中のあらゆる暗号をつくっている暗号王国に大変な事件が起きた! 国王がいない間に、スパイ王国が攻めてきたのだ! 暗号王国は完全に包囲されてしまった! 

 

王国ははげしく混乱する中、王子エニグマくんにも敵の魔の手が伸びる。 なんとかこのピンチを乗り越えてここから脱出しなくてはいけない。


謎が解けないエニグマくんを助けられるのは優秀な家来であるあなたしかいない!

 

さあ、あなたはこの絶対絶命のピンチを抜け出し、 暗号王国を救うことができるだろうか?? 

 

参加前に知っておくと良いこと

  • 通常の公演に比べて難易度が大分低いです(脱出率9割)
  • ファミリー、子供向けでも楽しめます
  • イージーモードがあります(当日選べます)
  • 服装は特に気をつける必要はありません(汚れません)
  • 靴を脱いで参加するため靴についても気をつける必要はありません

 

参加した感想

大人向けの公演ではなかった

初期のリアル脱出ゲームが抱えていた「大人の部活」の印象は鳴りを潜め、よくも悪くもファミリー向けの公演という印象でした。

 

エニグマくんの小憎たらしさが唯一大人向けというところでしょうか。

f:id:lirlia:20160807233011j:plain

 

公演の難易度について

今回の公演は、初心者向けのイージモードと普通のモードとあり、ぎんは普通モードで挑戦しました。

 

60分で6人と、通常のアジト型の10人より人数は減っていましたが、メタ解き(感覚や経験で答えを導く解き方)を禁止し、鍵を開けるのにわざと時間をかけたり無駄に色々なことをやって遊びに遊んだのに39分で脱出できてしまいました。

 

普段謎解きに参加されている方からすれば、普通モードでも難易度の低さを感じるでしょう。脱出成功しても達成感はありませんでしたし、60分ギリギリでの脱出を目指そうにもあまり出来ることがありませんでした。

 

逆に言えば、初心者の方が参加するのに向いている公演と言えるかもしれません。

 

どっかでみたことがある

今回の公演では、使い回しなのかファンサービスなのかはわからないのですが、他の公演で見たことがあるような演出がしばしば見受けられました。

 

「あ、これ◯◯で見たことがある」 とどうしても言ってしまうので、参加者によっては未体験の公演のネタバレを生む可能性もありますし、他の公演の使い回しとも取れてしまうため避けて欲しかったなと感じます。

 

総評

大人や、謎解きを少しでも体験したことがある方であれば同じ下北沢のイベントである、リアルループゲーム「アイドルは100万回死ぬ」や進撃の巨人コラボの「巨人に包囲された古城からの脱出」の方が純粋にイベントとして面白いでしょう。

 


また、6人で出来るイベントであれば浅草アジトの「Escape from the RED ROOM」や「隠れ鬼からの脱出」の方が時間こそ30分と短いもののコンセプトがしっかりとしているため、驚きと良質な体験が味わえるでしょう。

 


ファミリーで楽しめる点において本公演は秀でているとは思いますが、いかんせん大人だけで参加するという観点では、歯ごたえという意味でも満足度という意味でも評価は低くならざるを得ません。

 

ぎんチャート

f:id:lirlia:20160809001130p:plain

※このチャートはイベントに参加したぎんの満足度や評価を示すものです

 

テンションの推移図

f:id:lirlia:20160809001139p:plain

 

公演情報

公演名 暗号王国からの脱出
種類 アジト型
チーム人数 6名
開催日 開催地域による
所要時間 60分(+前後 40分程度)
開催場所 下北沢アジトオブスクラップ
ナゾコンプレックス名古屋
アジトオブスクラップ大阪
参加費 前売(一般):¥3,000
前売(学生(中学生以上)):¥2,200
前売(小学生):¥1,200
特記事項 【親子チケットの説明と注意事項】
※親子チケットは、保護者1名と小学生1名でご参加いただけるお得なチケットです。
※親子チケット=一般1枚+小学生1枚で1組の販売となり、1セットの価格は¥4,000となります。

 

予約はこちらから

 

さいごに

最近ガツっとしたSCRAPのアジト作品がなかなかプレイできていないので、そろそろやりたいところです。牢獄のような絶望感やドキドキ感があるコンテンツを期待しています。

では。